プラチナ0.7ct一粒石ダイヤモンドペンダント

MENU

K18YG 0.1ctダイヤモンドフクリンペンダントK18WG 合計1ctダイヤモンドペンダント/ネックレスダイヤモンド リング 0.8ct プラチナ Pt900 ハート&キューピット Hカラー SIクラス GOOD 指輪 鑑別書付き 限定1点限り #12 12号

ダンシングストーンイニシャル ネックレス ダイヤモンド ネックレス 一粒 0.01ct K18 ゴールド 文字 K ダイヤネックレス ペンダントダイヤモンド ネックレス 一粒 0.5ct プラチナ Pt900 6本爪 無色透明 E 〜 Gカラー SI2クラス Excellent H&C エクセレント ハート&キューピッド 0.5カラット ダイヤネックレス ペンダント 中央宝石研究所 CGL 鑑定書付きナンバー ネックレス ダイヤモンド ネックレス 一粒 0.01ct K18 ゴールド 数字 7 ダイヤネックレス ペンダントダイヤモンド ピアス プラチナ Pt900 0.6ct ダイヤピアス Hカラー SI2クラス Good 鑑定書付きK18WG ダイヤモンド2連ステーションネックレス 計0.6ctダイヤモンドペンダント/ネックレス 10粒 0.2ct K18 ピンクゴールド 十字架 クロスモチーフ 人気のクロスダイヤ

8,000円以上で送料無料!

プラチナ0.7ct一粒石ダイヤモンドペンダント

プラチナ0.7ct一粒石ダイヤモンドペンダント

 

販売価格 円(税込)
(税抜:円)

ご注文画面へ

在庫状況: 

配送目安: 


代引き/クレジットカード

※ 代金引換の場合は代引き手数料がかかります。

この商品について問い合わせる

返品・キャンセルについてはこちらです

 

 この商品について

大粒0.7ctの天然ダイヤモンド。地金はトップ、チェーンともにプラチナ。鑑別書も付いて安心です。

 

プラチナ0.7ct一粒石ダイヤモンドペンダント

 この商品の詳細

【商品名】
プラチナ0.7ct一粒石ダイヤモンドペンダント
【材質】
プラチナ900トップ プラチナ850スクリューチェーン

【生産国】
日本
【石の種類】
ダイヤモンド
【カラット数】
ダイヤモンド1石合計0.7ct
【クラリティ】
Iクラス
【カラー】
Hカラー

【サイズ】
最大幅:縦約8.5mm(バチカン込)
【保証書】

【総重量】
約1g
【チェーン】
スクリューチェーン:約42cm(アジャカン約3cm込)
【付属品】
鑑別書 化粧箱

【特記事項】
・商品画像は撮影環境や再生環境によって実際の商品と色合いや風合いが異なる場合がございます。
・商品注文後のキャンセル、サイズ違い、イメージ違いによる返品・交換は承りかねます。

 

大きな画像をご覧になる方は、画像をクリックしてください。

プラチナ0.7ct一粒石ダイヤモンドペンダント

 

プラチナ0.7ct一粒石ダイヤモンドペンダント

プラチナ0.7ct一粒石ダイヤモンドペンダント

 

販売価格 円(税込)
(税抜:円)

ご注文画面へ

在庫状況: 

配送目安: 


代引き/クレジットカード

※ 代金引換の場合は代引き手数料がかかります。

この商品について問い合わせる

返品・キャンセルについてはこちらです

 

当店でお買い物をして感想を書くと、1万円が当たるかも!!!

 

 

関連商品


ダイヤモンドのお話

ダイヤモンドの誕生

ダイヤモンドは、約33億年前に地球内部のマントルの運動によって、地下百数十kmの深さでマントルの中で結晶したといわれます。このダイヤモンド原石は、数億年前の火山活動によって、周囲の岩石を取り込みながら噴火するマグマの中に含まれ地表に噴出しました。

冷えたマグマは、ダイヤモンド原石を含んだ『キンバーライト』と呼ばれる岩石になります。..........
>>続きを読む

鑑別とグレーディング

高額な商品をお求めの際、その評価を知ることはとても重要です。
これはジュエリーとなっているダイヤモンドでも同じで、ご自分に似合うかどうか、確認をしたいものです。

天然宝石の多様化とともに合成技術の進歩も著しく、宝石の鑑別、ダイヤモンドのグレーディング(評価)には経験..........
>>続きを読む

ダイヤモンドのカットの種類

ダイヤモンドのカットの種類はかなりの数です。ダイヤモンドの原石の形で、どのようにカットするかが選ばれます。ダイヤモンドの大きさにより、どのように効率よくカットするかを考慮したうえで選択されます。
また、原石の形に関わらず、所有者の好みやデザインなどを優先してカットされる場合もあります。..........
>>続きを読む

グレード(評価)基準「4C」について

昔からダイヤモンドは富と名誉の象徴でした。ダイヤモンドは、重さ・輝き・色・カッティング・クラリティ(透明度)などを基準に判定されます。
この基準んで編み出された評価法が「4C」と呼ばれているものです。

「4C]には、重さ/Carat(カラット)・研磨/Cut(カット)・色..........
>>続きを読む